胸 大きくならない理由

胸が大きくならない理由とは?

胸が大きくならない理由に、今の体の状態に原因がある場合があります。遺伝子と並んでよく耳にされるのは女性ホルモンの分泌です。女性ホルモンは女性らしい体を作るホルモンですので、女性ホルモンが不足すると胸が十分に発達しない可能性があります。逆に女性ホルモンが十分に分泌されると大きくなる可能性はあります。では女性ホルモンが不足する原因は何でしょうか。


女性ホルモンは体内に取り込んだ栄養から作られます。十分な栄養が摂れていなかったり、栄養バランスが偏っていると女性ホルモンが十分に作られないことがあります。また、無理なダイエットの繰り返しは女性ホルモンの分泌が悪くなります。

ストレス過多も同様です。女性ホルモンの量を調節しているのはストレスの影響を受けやすい脳にある視床下部です。過剰なストレスは女性ホルモンが作られなくなってしまいます。


最後に、意外と盲点になっているのが、バストの冷えです。冷えは血行を悪化させます。栄養や女性ホルモンは血液を通じて全身に送られます。せっかく大きくするために栄養のバランスを考えた食事やサプリメントの摂取を行っていても、冷えで血行が悪くなっていると肝心の栄養や女性ホルモンは到達せず無駄になります。冷えを治し血行を良くすることが重要です。


女性ホルモン以外の原因としては乳腺が十分に発達していない、生まれつき脂肪が付きにくい体質も脂肪組織で構成されている胸は大きくなりません。

最近雑誌で知った、ホルモンバランスを整えてくれて、血流をよくしてくれ胸が大きくなる!と評判のリファのコロコロを使ってみたいと思います!!⇒【画像】リファカラットを徹底調査!※効果・口コミ大公開

ページ上に戻る