思春期 大人 ニキビ

大人ニキビについて

思春期にできたニキビが大人になってまたできてしまったので、同じケアをしようとしていませんか?
大人にできるものと思春期にできるものは原因が違うために対処方法も違います。私の改善できた体験談をお伝えします。


10代の思春期にできるニキビは、ホルモンの影響によるものです。10代の成長期には、成長ホルモンの分泌が盛んです。この成長ホルモンは皮脂腺を刺激して、皮脂が過剰に分泌されてしまいます。毛穴詰まりが起こりやすくなり、アクネ菌が増殖してニキビとなります。大人になるにつれてホルモンバランスが落ち着いてくるので自然に改善します。

水分を補い皮脂と水分のバランスを整え、肌表面を清潔に保つことが改善策です。


しかし!大人になってから発生するものは原因が様々ですが、成長ホルモンの影響ではありません。
女性ホルモンなどの違う種類のホルモンバランスの乱れや、乾燥によるもの、ストレス、食生活の乱れや睡眠不足によって、肌の生まれ変わり、つまりターンオーバーが乱れることでも発生します。ターンオーバーが乱れると古い角質がたまって毛穴詰まりをおこしやすくします。


対処方法は、生活習慣の見直しです。規則正しい生活とバランスのよい栄養摂取で代謝をよくすることで、大人ニキビが改善しました。

ページ上に戻る